メンズ美容

顔のホクロを取るメリット・デメリット

会社で日焼け止めを塗り直して、

誰かに見られないか、ドキドキしているござーるです。


実は。

実はですね。


顔のシミを取るのと同時に、「顔のホクロ」も取ってみました。


理由は、「もっとツルっとキレイな顔になりたい!」と思ったからです。


とはいえ、

「ホクロを取る=美容」とも言えませんし、

「ホクロがない=モテる」とも言えません。


なので、今回はホクロを取るメリット・デメリットについて記事にしました。

「ホクロを取りたい」と思っている方の参考になれば幸いです。


顔のホクロを取るメリット・デメリット

さてさて、僕の場合は「炭酸ガスレーザー」による施術だったので、

その点からのメリット・デメリットです。

メリット

コンプレックスがなくなる

ホクロを取るということは、なんだかんだホクロを気にしているからです。

「個性」「チャームポイント」とも言いますが、

やはり「自分がどう感じるか」が全てです。

ホクロがあって自信を持てないのであれば、取るのがいいと思います。


誰かに相談した時に、

「そんなの気にする必要ないよー」なんて言われたら、即無視しましょう。


その人は、あなたのコンプレックスを何一つ解消してくれません。


自分のモノサシでモノ言っているだけです。

とにかく、「自分がどう感じるか」が全てです。

少なくとも、僕は応援します。


顔がツルっとキレイになる

やっぱり見た目ですね。

顔にホクロがなければ、顔がキレイに見えます。

これは間違いないです。

要は、ホクロは「印象」に差を与えるんですよね。

ただ、あくまで「印象」であり、

他人のホクロなんて、ほとんど覚えていません。

家族でも友人でも、なんとなくでしか分からなくないですか?

もちろん、ホクロの数、サイズ、位置にもよりますけどね。

ツルっとキレイな顔を目指すのであれば、

ホクロを取って、少しでも印象値を加点しましょう。

「少しでも印象値を上げたいな」と思い、僕は施術することに決めました。

 

デメリット

今までの美容で1番痛い

痛てぇ!

痛てぇよ、これ!

ガスレーザーを当てる箇所を、

氷で冷やしてから施術するのですが、MAZIDE☆痛い!

「美容痛さランキング」
炭酸ガスレーザー>>>ヒゲ脱毛>シミ取り>足脱毛>ホワイトニング


くらい痛い!

次の記事で詳しく書きますが、僕は10箇所取りました。

この10回がMAZIDE☆痛かった…。

炭酸ガスレーザー痛いです。いや、本当に。


ホクロを取った箇所が凹む?

せっかく痛い思いをしたのに、

ホクロを取った箇所が、凹んだりすることがあるようです。

なんてこったい…。

施術直後に凹んだ状態なのは仕方ありませんが、

ずーっと凹んだままなのはちょっと…。

もちろん、新しい皮膚ができて徐々に平らになるのですが、

「くり抜く」施術なので、凹んだままになってしまう可能性はあるようです。

モデルの菜○緒さんは、左頬に痕が残っていますね。

これは大きなデメリットだと思います。


1回の施術では終わらない

これが僕の最大の盲点でした。

1回で終わらないのです。

ホクロが小さく、根が浅ければ、1度の施術で取り切れることもあります。

出典:ゆうスキンクリニック


僕は、1回やればキレイさっぱり取れるのかと思っていました。

違います。

ホクロは根が深いことがあるのです。


その場合は複数回に分けて、施術します。

また、複数回分けることによって、

施術後の傷を小さくしたり、凹むリスクも軽減できるようです。

脱毛ほどではないですが、通う必要があります。


費用もそこそこかかる

これはもちろんクリニックによりますが…。

ググってみると、相当な価格差があります。

1回の料金なのか、複数回想定された料金なのかは、

問い合わせしてみないと分かりません。

安すぎるのも不安だし、高いのも費用が…。

難しい…。

脱毛の時もお伝えしましたが、

とにかくアフィリエイト目的のサイトが多すぎる。

この溢れた情報の中から、純度の高い情報を集めるのは難しい…。

なので、口コミ、信頼できる発信者なのかしっかりとご自分で見極めましょう。

匿名でサルのアイコンの僕が言っても説得力ないですけどね。

もちろん、僕は五本木クリニックをオススメします。



ダウンタイムがある

基本的には薬を塗るor絆創膏のようなものを貼ります。

絆創膏は全ての箇所に貼るので、それなりに目立つと思います。

マスクをする、長期休暇の前に施術する、気にせずシレッと貼る…。

ご自身に合った方法で、約2週間乗り切りましょう。

「バレるのが嫌だから貼らない」はやめましょう…。

毎度おなじみ、「美は痛みが伴う」のです。

施術までしたのですから、あと一歩です。



まとめ

コンプレックスならやればいい。

これにつきると思います。

思い切ってやってみるのも大切です。

そんな方の参考になれば、僕は嬉しいです。

ちなみに、自分で取るのは絶対やめましょうね。

この次は、僕がホクロを取った時のことを詳しく記事にします。


それでは、またでござーる。