メンズ美容

顔のシミ取りが痛いのは美肌のための修行である【2回目】


メンズに顔のシミ取りを広めたい、ござーるです。

 

今回は2回目のシミ取りなので、

まず、1回目の記事をご覧いただけると、

理解が深まると思いますので、よろしくお願いします。

では、2回目のシミ取りのことをお伝えします。



まず1回目との比較


自撮りが難しい…。

同じ角度で撮りたかったのですが、申し訳ありません。

よくある、「環境と照明違いすぎるだろ」的な感じにはしたくないので、次はもっと合わせて撮ります。

結果としては、まだ変化ないですね。

ここは、じっくりいきましょう。

まだまだ、顔のシミ取りは始まったばかりなのです。



1回目から2回目のまでの期間

比較画像にも日付入れましたが、再確認しましょう。

1回目…3月8日

2回目…4月5日

ちょうど1ヶ月空きました。

間隔としては3週間がベストですが、1週間遅れてしまいましたね。

 

今回は5回コースの1回目です。

最初にトライアルで1回やっているので、顔のシミ取りとしては2回目になります。

ショット数は共に150ショットです。



施術前に再診断

まず前回の施術の後に、赤味や痛みが出なかったかスタッフの方が確認してくれます。

僕は、特に問題ありませんでした。

流石ダウンタイムなしのフォトRFオーロラです。

加えて、僕が1番気になるシミの箇所も再確認しました。

重点的に攻めてもらいます。

そこのシミがなくならないと、やはり満足する結果にはなりません。

 

その後、先生がいらっしゃって、肌の状態を再確認してもらいます。

やはり、左の目の下のシミは肝斑(かんぱん)の可能性があるようです。

相変わらず肌が汚い。

肝斑に関しては、次に詳しく聞いてみます。


まさかのちゃんと把握していない状態です。反省。

 

照射レベルアップ

今回は照射のレベルを上げることになりました。

前回がレベル1だとすれば、今回はレベル2で当てます。

「ヒゲのあるところは避けましょう」と先生に言われました。

理由は、照射レベルを上げると、黒いところで反応が強くなり、

軽いヤケドのような状態になるかもしれないからです。


とはいえ、です。


もちろんアゴにもシミはあります。


当然それもなくなって欲しいです。


なので、照射して欲しいとお願いしました。


多少赤くなるくらい、僕は気にしません。

軽いヤケド<シミ取り

です。

僕がリスクを負うのは構わないことを伝えると、

「ヒゲのあるところはレベル1で照射しましょう」ということになりました。

むしろヒゲ脱毛がもっと進んでいれば…。

 

 

施術に関して

バチっ!

バチっ!

バチっ!

バチっ!

い、痛てぇ!

レベルが上がった照射は痛い!


この時期にいる、新人相手に急にドヤりだす先輩くらい痛い!


「大丈夫ですか?」と聞かれたので、


「修行なので大丈夫ですキラッ」


スマイルをプレゼントしておきました。

たぶん、あのお姉さん恋に落ちてしまったと思います。

 

 

まとめ

レベル上げたら痛い。

シミ取りは毎回お伝えしていこうと思います。

早く効果が出て欲しいですね。

ちなみに、ヒゲの部分もヤケドなしです。

4日たっているので、大丈夫でしょう。

顔のシミをなくして、早くモテモテになりたい。



それでは、またでござーる。