メンズ美容

顔のホクロを取った後のダウンタイムは目立つのか?【2回目】

こんにちは、ござーるです。

 

今回は2回目のホクロ取りなので、

まずは前回までの記事をご覧いただけると、

理解が深まると思いますので、よろしくお願いします。

では、2回目のホクロ取りのことをお伝えします。  

顔のホクロを取った後のダウンタイムは目立つのか?【2回目】

 
同時にホクロ取りも2回目。

こっちの施術はシミ取りと違うもっと鋭い痛み…。本当に美には痛みが伴う。

こちらの経過はイマイチでホクロが予想以上に根が深いらしい…。

凹む可能性があるので、今回は保護シールを2週間貼りっぱなしで。

 

結論から言うと、

 

ダウンタイムは目立つし、

 

保護テープが邪魔でスキンケアもやり辛い。

 

1回目と2回目のホクロを取るまでの期間

まず、期間を確認しましょう。

1回目のホクロ取り…3月8日

2回目のホクロ取り…5月27日

基本的に3ヶ月開ける必要があるのですが、

2ヶ月でもう一度施術してもいい」と診断されました。

(※診断されたのは2回目の顔のシミ取りの4月5日です)

肌の回復が早かったのか、ホクロがあまり取れてなかったのかは分かりません笑

とはいえ、結局ほぼ3ヶ月空いてしまいました。

 

2回目のホクロを取る「直前」と「直後」で比較

赤丸がホクロです。

目の横のヤケドはシミ取りによるものです。

 

直前の写真は、施術前日の5月26日に撮りました。

つまり、一度ホクロを取った後ですね。

 

直後の写真は、5月31日に撮りました。

お風呂に入った後、保護テープを貼る前です。

 

ホクロの黒い所が、赤くなっているの分かりますかね?

炭酸ガスレーザーでホクロをほじくられた後です笑

相変わらず炭酸ガスレーザーは痛いですよ…。

 

ちなみに右頬の「青丸」は、

前回の施術でほぼ取れているので、今回は様子見です。

 

保護シールを貼る=ダウンタイム

これが保護シールです。

これを切って、ホクロの施術箇所に貼ります。

色は肌に馴染むような色ですが…、

 

目立ちます笑

 

これがダウンタイムです。

正直、周りの目が気になりますね…。

 

実際のところ、

「顔どうしたの?」と結構な人に聞かれました。

「虫に刺されちゃって〜」と適当なこと言ってます。

変に突っ込まれることなんてないので、強いメンタルを持ちましょう笑

保護テープの詳細。

 

まとめ

保護テープが邪魔で日焼け止め塗りにくい。

というか、前回は何で保護テープを貼らなくて良かったの…?

初回だから?

よく分からないので、次にシミ取りで行った時に聞いてみまーす。

 

それでは、またでござーる。